【ブックオフの宅配買取】書籍買取金額20%UPキャンペーン中!

2016年08月17日

ブックオフコーポレーション 上場以降初の赤字

ブックオフコーポレーションが、2016年3月期、営業利益で1.5億円の赤字となったそう。

2004年の上場以来、初めての赤字。

逆に考えると、これまで10年以上ずっと黒字だったということで、それは評価してもいいんじゃないか、と自分は思います。

しかし、上場企業が単年度赤字に陥ると、報道などではネガティブな目線でとりあげられがち。

中古本やDVDの買取・販売から、取扱品を広くしていこうとする段階で、苦しんでいるところなんだと思います。
人員確保やCM放映、新規ブランド店の開業費用等がかかり、それを売上げで回収していく流れを作り出そうとしているところなのでしょう。

それがどうなっていくのか、それは今後のブックオフの皆さん方の努力、それからお客さんからの支持にかかっているのでしょう。

そういえばこの間、自由が丘のブックオフにふらっと入ってしばらく店内をウロウロとし(立ち読みのみ)、そのときは何も買わずに出ることにしました。
下にハグオールの買い取り窓口があるのですが、そこのスタッフと思われる方が丁寧な雰囲気で挨拶をしてくださった(「ありがとうございました。またお越しくださいませ」のような感じ)のが印象的でした。

おそらく、手すきの時間だったので、そういうことをしていらっしゃったのでしょう。

おしつけがましくなく、そよ風のように自然なのに丁寧さを感じる声掛けで、気分良くお店を出て駅に向かうことができました。

思うのですが、もしかしたら、そういった小さな一つ一つの積み重ねが今後に繋がっていくのではないでしょうか。
(もちろん、お客さんが一気に来店したときにはスピード処理のほうが大切だと思うので、優雅さ・丁寧さが常に最優先項目とはならないでしょうけれど)

お客さんって、そういった細かいところもよく見ていたりするものですから。


posted by ブックオフ買い取りをたまに利用 at 15:48| bookoff その他